2020.04.05

ハリケーン「カトリーナ」と廃墟

2005年8月23日、アメリカ合衆国南東部で発生したハリケーン「カトリーナ」。アメリカ観測史上最大級の被害をもたらし、その恐ろしさを未だに覚えている方もいるのではないか。被害に遭った地域の現在は復興も進み、街としては復活している。

しかし、15年が経とうとしている今も尚、手付かずで当時のまま時が止まっている場所がある。その場所の名はシックス・フラッグス。ここは北米各地に存在する遊園地で、絶叫系のアトラクションを売りにしている。廃墟となったシックス・フラッグスはニューオリンズで静かに佇んでいる。

ニューオリンズはルイジアナ州にあり、元々経済的に縮小していたが災害直後に、ルイジアナ州知事がルイジアナ災害復興財団(現ルイジアナ財団)を立ち上げた。それによって、多くの寄付金を現地のニーズに合わせて使用することができた。

また、この財団は他の非営利組織と協力し、コラボレイティブ・フォー・エンタープライズ・ディベロップメントを構築する。これは災害以降にやむを得ず出てしまった中小企業を呼び戻すプロジェクトである。そして、このプロジェクトが功を奏し、ニューオリンズは今「起業のまち」として一般的に知られている。

廃墟になった遊園地に訪れた廃墟探索系YouTuber

2016年1月7日のYoutube上にて、世界中の廃墟を探索しているThe Proper Peopleという二人組Youtuberが、この場所を訪れた様子をYouTube上にアップロードした。

この動画はpart1とpart2に分かれており、part1の冒頭でシックス・フラッグスのCMが流れる。

画像引用元:「YouTube」より

陽気なおじさんを中心に、目玉のジェットコースターを紹介している。

画像引用元:「YouTube」より

YouTubeを観ていただければ分かると思うが、大手企業的に割と手が込んだCMになっている。

画像引用元:「YouTube」より

その後ハリケーン「カトリーナ」の緊急ニュースが流れる。

画像引用元:「YouTube」より

そして、シーンは2016年へと変わる。彼らは真夜中に訪れており、その不気味な雰囲気はまるでゲームの世界に迷い込んだかのようだ。

続きはYouTubeで。。。

ハリケーン「カトリーナ」で被害に遭った街は、現在復活を遂げた。しかし、一歩視点を変えるとシックス・フラッグスのような廃墟も存在する。これは災害の多い国、日本にもどこか通ずるものがあるのではないか。

U-NEXT
私のオススメの動画

彼らは世界中の廃墟を撮影する二人組YouTuberである。他の動画で私のオススメはこちらの2つである。

「奈良ドリームランド」

「米海軍ジェットエンジン試験場」

参考

TIME(米)

ルイジアナ財団(米)

「YouTube」

PAGE TOP