2020.06.21

チベット唯一のプロサッカーチーム解散

中国のチベット自治区で唯一のプロサッカーチーム「ラサ城投FC」が6月12日にチームの解散を発表した。

画像引用元:「WEIBO」より

四川省徳陽市を本拠地としたラサ城投FCは2017年に創設され、中国のサッカーリーグ3部乙級リーグに所属していた。

そして今回、高地に位置する本拠地での試合開催をめぐって対立したことを受け、チームが解散になったと発表した。中国の新華社通信によると、同チームはこれまで標高3650mという高地でホームゲームを2回しか開催したことがないという。また、高地で行われた試合も酸素を吸入するために15分おきに中断するほど過酷なものであった。

そして、ホームゲームに加えてトレーニングも本拠地とは別の場所で行っており、ラサ城投FCとしてはチベットに戻ることを望んでいた。しかし、中国サッカー協会は選手の安全を懸念して高地での試合を許可したがらなかった。結果として、チームが解散してしまった。

さらに、解散の他の理由としてはラサ城投FCはチベットの大手国有企業にちなんで別名ラサ都市建設投資FCと呼ばれて、協会は社名入りのチーム名を禁じていたという理由も挙げられている。

参考

AFP

WEIBO

PAGE TOP